本文へスキップ
ホーム 製品 レンタル メンテナンス サポート 会社概要 Contact

3Dレーザスキャナ

Trimble X7 【FieldLink】
Trimble X7 【FieldLink】

3Dレーザスキャナ
Trimble X7 【FieldLink】
建築・設備/BIM用
常識を打ち破る、次世代の3Dレーザスキャナ

Trimble X7

Trimble X7は、予め用意した設計データに合わせて点群を計測することはもちろん、何もない状態からでも、任意の複数点から観測を行うだけで点群を合成、データをその場でアウトプットできる仕様となっています。測量の専門知識を持っていない方でも、高品質な点群データの取得を可能にする自動機能を各種ご用意しております。

Trimble X7
「自動整準」で簡単スタート!
Trimble X7では従来3Dスキャナの設置に必要だった「整準」作業は不要です。 傾けて設置しても、水平に設置した場合と同様のデータを取得できる「自動整準」機能により、5°までの傾きで3“精度で自動整準を行い、45°までの傾きであればスキャン後の合成時に自動補正を行います。だれでも、簡単に3Dスキャンを行うことが可能となります。
「自動キャリブレーション」で観測ごとの設定が不要に!
Trimble X7は、計測毎に機器の傾き、周辺気温と機器内部の温度、コリメーションエラーチェックによる角度補正、反射強度による測距距離補正を行うことで、毎回の計測を校正直後の品質で実施します。スキャン中も振動や移動をモニタリングし、データを最適化します。 
Trimble X7 Trimble X7
「自動合成」で手戻りの不安解消!
Trimble X7では、観測と並行してバックグラウンド処理で点群合成を行います。点群のオーバーラップを自動で検知し、Trimble X7が次の観測を行っている間に、手元のコントローラではバックグラウンド処理で 直前の観測データの自動合成を行います。点群データの取得漏れを随時確認しながら、手戻りのない観測作業を実現します。
「自動パノラマ」で高画質画像も取得!
Trimble X7は3つの高解像度カメラを搭載し、写真のつなぎ目のなめらかな高画質パノラマ画像を記録します。フルドームの写真撮影も最短1分で行えます。
Trimble X7 FieldLink Trimble X7 
「高感度モード搭載」で観測対象も拡大!
高反射面などの観測に適した「高感度モード」を搭載。金属配管や、アスファルト面の観測にも適しています。
「アノテーション機能」でデータの記録も万全!
タブレット端末を使って現場で撮影した写真などのメモを、点群中にタグ付けし、Trimble RealWorks等の点群処理ソフトウエアで現場情報を確認できます。
「設計データとの比較」でQC/QAが現場で完結!
Trimble X7の制御ソフトウエアには、建築設備の現場でお馴染みの「FieldLink」を採用。属性情報を持ったBIMの標準データ形式IFCをはじめ、SketchUp(.skp)ファイルの読み込み、2D/3D DWGデータ、Digital PDF、座標データ(CSV)の読み込みに対応しているので、現場での器械設置、設計データとの比較が容易に行えます。
 Trimble X7 FieldLink
【3Dモデル化の例】
ビルや設備の改修時に、点群で3D設計データを起こし、設計を検証する工程で効果を発揮します。既にBIMを積極的に取り組んでいらっしゃるお客様から、これから3Dスキャナを初めて導入されるお客様まで、幅広くご活用いただけます。
 Trimble X7 FieldLink
 

Trimble X7 紹介ビデオ





3Dレーザスキャナ、計測請負業務の
ご要望お問い合わせ等お気軽にご相談ください


資料請求、デモのご要望、お問い合わせ等お気軽にご相談ください。
お問い合わせボタン


  カタログ Trimble X7






Adobe PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合には、Adobe社のホームページからダウンロードしてください。