本文へスキップ
ホーム 製品 レンタル メンテナンス サポート 会社概要 Contact

アンテナ一体型GNSS受信機

Trimble R12i
Trimble R12i
IMU搭載
アンテナ一体型GNSS受信機
Trimble R12i
生産性への新しい"アングル"
斜め観測の手軽さが測量作業効率を大きく変える


Trimble R12i

近未来もカバーする高性能

Trimble R12i GNSS受信機は、最新の第5世代エンジン「ProPoint」を搭載し、あらゆるGNSS衛星群と信号を活用するべく一から設計しなおした、Trimble測量用GNSS受信機におけるフラグシップモデルです。

現在のすべてのGNSS衛星群と衛星信号を利用し、フレキシブルにかつハイパフォーマンスな測位解を提供し、厳しいGNSS環境においても生産性の向上を目指します。
Spectra SP85特徴

IMU(慣性計測装置)テクノロジー
「Trimble Inertial Platform(TIP)」

Trimble R12i GNSS受信機は、独自のIMU(慣性計測装置)テクノロジー「Trimble Inertial Platform(TIP)」を搭載しています。 本体が傾いた状態でも内蔵のIMUセンサーが受信機の姿勢を自動検知し、ポール先端の座標値を自動算出。 整準に神経をすり減らす必要がなく、誰でも簡単・スピーディーに高精度観測が行えます。

R12iは、崖の側や足場の悪い場所など、立ち入りの厳しい場所での観測時や、素早く観測したい交通量の多い道路での観測時、構造物に隣接する整準できない場所での観測時に大きく力を発揮します。 また、磁気の影響を受けないIMUベースのR12iは、車や鉄筋コンクリート等の金属製品、室外機の側などでの観測時にも、安定した精度を維持します。
Trimble R12i Trimble R12i

Trimble R12i 特徴

  • 国土地理院1級GNSS測量機
  • 最新式第5世代エンジン「ProPoint」により、困難なGNSS環境での生産性の向上が期待されます
  • IMUベースのTrimble独自の慣性プラットフォームTrimble Inertial Platform (TIP)搭載
  • Trimble 360テクノロジは、取りこぼしのない672チャンネルを実現
  • 人間工学に基づくデザインにより、取り回しのしやすい受信機
  • クイックリリースアダプタ採用によりポールへの着脱が簡単
 Trimble R12i
Spectra SP85特徴
メインメニュー 衛星情報 測設 横断観測
LANDRiVPro for GNSS   LANDRiVPro for GNSS  LANDRiVPro for GNSS  LANDRiVPro for GNSS
 

帳票

専用コントローラー「LANDRiV Pro」の帳票オプションでは、[測量観測記簿][測量観測記簿][座標変換計算書][精度確認書]の4つの帳票が出力できます。    サンプル帳票
 

トータルステーション「Spectra FOCUS 35」とのハイブリッド観測

専用コントローラー「LANDRiV Pro」の使用で、GNSSとトータルステーションを切り替えて作業するハイブリッド観測が可能。作業内容や要求精度に合わせて最適なセンサーを選択することができ、作業効率化を実現できます。 さらに、誰でも簡単にGNSS帳票出力ができる「LANDRiV Pro+帳票オプション」をご用意しています。
※観測手簿、記簿、精度管理表、座標変換計算書に対応
 ハイブリッド観測
自動追尾トータルステーション Spectra FOCUS 35 はこちら

Trimble R12i 紹介ビデオ







前モデルは測量会社様に多数の実績

資料請求、デモのご要望、お問い合わせ等お気軽にご相談ください。
お問い合わせボタン

  カタログ Trimble R12i







Adobe PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合には、Adobe社のホームページからダウンロードしてください。