本文へスキップ
ホーム 製品 レンタル メンテナンス サポート 会社概要 Contact

建築墨出しシステム

Trimble RTS771 / RTS873 / RTS573
Trimble RTS771 / RTS873 / RTS573
建築墨出しシステム
Trimble RTS771 / RTS873 / RTS573
設備墨出しの常識を変える画期的システムです!


Trimble RTS771 / RTS873 / RTS573

施工から維持管理まで、高い精度でBIMの現場活用を支援
3D図面を自在に使えるBIM専用トータルステーション

RTSシリーズは、ワンマン(※1)での計測を可能にするTrimbleならではの先進技術を各種搭載、少人化への対応も万全です。リニアモータ(※2)搭載により本体が高速で滑らかに駆動し、スムーズにターゲットを追尾します。通常のプリズムに加え、パワフルにミラーを捕捉するアクティブターゲットが使用出来るため、鉄骨など視準を遮る遮蔽物が存在する現場でも追尾がストレスなく行えます。器械が傾いても整準時と変わらないリアルタイム傾き補正機能(※3)を搭載、さらに自動視準と自動追尾が統合(※4)して機能し、繰り返しの計測作業でも疲労やストレスが大幅に軽減されます。設計・レイアウト・施工管理・維持管理まですべての計測作業におけるBIMデータの運用を可能にしました。

※1. 通常、測定箇所と器械側の2名体制で計測作業を行うところ、器械側に操作担当者を配置せず、リモートコントローラで器械を操作して1人で計測作業を行うこと
※2. サーボモータと測角システムを融合したギアレス駆動技術(MagDrive)
※3. 整準を行ってから5’30”までの傾きをリアルタイムで検知し、視準位置を自動で補正し続ける機能(SurePoint)
※4. アクティブターゲットと、通常のパッシブプリズムの両方を使用可能な、プリズム捕捉機能(Autolock)
 Trimble FieldLink

【BIM to Fieldを実現するTrimble独自の3つの要素】


1.パワフルな追尾性能 建築現場には柱や梁をはじめミラー追尾を遮る障害物にあふれています。Trimble RTSシリーズでは、パワフルに追尾し、ロスト時にも急速復帰を可能とするTrimble独自のアクティブターゲットに対応しています。
MT1000 AT360 360°Prism
MT1000 AT360 360°Prism

2.傾きをリアルタイムで補正 ワンマンで計測を行う際に、トータルステーションがわずかに傾いてしまうこともあります。Trimble独自の傾き補正技術(SurePoint)により、傾きをリアルタイムで補正します。離れたところにいても、安心して作業を行うことができます。

Trimble SurePoint 紹介ビデオ



3.コントローラで計測位置を確認(Trimble RTS771/Trimble RTS873) 設計データを現実空間に重畳した状態で、今どこを測っているのかを画像で記録できます。リアルタイム映像およびパノラマ写真をタップして視準操作を行うことが可能なので、迅速に作業が行えます。視準にあたり望遠鏡をのぞく必要が無いため、ワンフロア上の階を見上げるような角度での計測も容易に行えます。
 

Trimble RTSシリーズ

Trimble RTS771

シリーズ最高峰の高精度トータルステーション  

Trimble RTS771は、RTSシリーズ最高峰の1秒機(ISO17123-3)のロボティックトータルステーションです。サーボモータが、より高速でなめらかなミラー追尾を実現しました。
 
 Trimble RTS771
Trimble RTS873

視認性の高いグリーンレーザポインタで作業位置を照射

Trimble RTS873には、計測距離に合わせて自動で絞り調整を行うグリーンレーザポインタが搭載されたロボティックトータルステーションです。サーボモータが、より高速でなめらかなミラー追尾を実現しました。
 Trimble RTS873
Trimble RTS573

≪BIM to Field入門機≫ 設計データを現場で活用

小規模な現場から、大規模な現場まで、BIMデータを活用した計測作業を支援するロボティックトータルステーションです。通常のプリズムに加え、パワフルにミラーを捕捉するアクティブターゲットが使用出来るため、鉄骨など視準を遮る遮蔽物が存在する現場でもミラー追尾がストレスなく行えます。

 Trimble RTS573

*RTS全モデルとも3Dデータの表示にはAdvanced Feature Pack Upgradeが必要です 。
*RTS全モデルともLandXML(面情報のみ)のインポートにはSurface Moduleが必要です。
 


Trimble RTS 紹介ビデオ





Trimble RTSシリーズ導入事例







レンタルのご要望、 資料請求、デモのご要望、お問い合わせ等お気軽にご相談ください。
お問い合わせボタン

  カタログ Trimble RTS






Adobe PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAcrobatReaderが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合には、Adobe社のホームページからダウンロードしてください。